ニューリリース プログラミング

【初心者必見】WordPressのローカル開発環境を構築する全手順を解説します【Mac版】

こんにちは、tatsukiです。

『WordPressのローカル開発環境の構築方法を知りたい!

このサイトではそんな方に向けて簡単に全手順を紹介します。

自身のブログのカスタマイズや、案件などで必須となる知識なので

しっかり覚えておきましょう。

最初は難しそうに思えてハードルが高く感じますが、超簡単にできるので

安心してください。

今回は

・「Local (by flywheel)」

での環境構築方法を紹介します。

Local (by flywheel)とは?

Local (by flywheel)はWindowsとMacで利用できるローカル開発環境をつくるアプリケーションです。

WordPressを開発するためにいちいちドメインとサーバーを用意するのは、大変で面倒です。

そこで、Local (by flywheel)を使うことで快適にWordPress開発ができるようになります。

他にもLocal by flywheelにはこのような特徴があります。

・簡単にPHPのバージョンを変更できる
・複数のプロジェクト、開発環境を管理できる
・環境を構築した後も設定を変更できる
・ローカル環境でSSLを使用できる
・プロジェクトのクローンを簡単に作成できる

なんの事かわからないかもしれませんがとにかくすごくて、安全です。

構築手順

それでは、実際に手順を簡単に紹介していきます

ダウンロード

Local (by flywheel)の公式ホームページからアプリケーションをダウンロードしていきます。

ページ右上の『DOWNLOAD』をクリック

こちらを入力します。

メールアドレスは適当なものでも大丈夫です。電話番号も任意です。

『GET IT NOW!』をクリック。

インストール

インストールされたらファイルを開いて

Macの場合は『Local.app』を『Applications』にドラッグ&ドロップします。

コピーしたらアプリを開きます。

こちらは開くで大丈夫です。

これでインストール完了です。

 

 

初期設定

それでは実際にサイト作っていきます。

新しくサイトを作るのであれば、左下のプラスマークをクリックします。

サイトの名前を入力してCONTINUE

こちらはこのままCONTINUE

自由に決めて入力して『ADD SITE』

すこし待ちます。

これでローカル開発環境の構築が完了しました。

  

おまけ(初期設定)

『ADMIN』をクリックすると先ほど自身で決めたUsernameとPasswordを

入力する画面にいくので入力して『Log In』します。

そうすると、管理画面にいきます。

最初は英語表記でわかりづらいので、『Settings』をクリック

こちらのSite Languageを『日本語』にします。

変更を保存するのを忘れずにしましょう。

まとめ

はい、お疲れさまでした。

ローカル環境の構築は思っていたより簡単でしたね。

他の方法もあるので、気になる方は見てみてください。

わたしも最初は難しいと思っていましたが、知ってしまえば簡単ですよね

これでWordPressの開発、カスタマイズができます

WordPress開発楽しんでいきましょう!

-ニューリリース, プログラミング

© 2022 たつき BLOG